長さも、眺めも、日本一。坂本ケーブルで比叡山へ。

坂本ケーブル

比叡山鉄道

霊峰へつながる。

世界遺産

絶景

日本最長を誇るケーブル。素晴らしいびわ湖の景観をお楽しみいただけます。

お知らせ

2018/08/15

国宝の根本中堂ならびに重要文化財の廻廊を平成28年から約10年をかけて大改修しております。工事の期間中も参拝ができるような処置をしながら、大改修の様子が見学できる「修学ステージ」を設置しています。国宝・重文改修ならではの珍しい作業や普段目にすることのない貴重な光景を間近でご覧いただける機会もございますで、是非ご参拝ください。

2018/07/13

2018年8月1日~11月30日 

比叡山延暦寺で伝教大師1200年大遠忌記念「至宝展」が開催されています。

お越しの際は、坂本ケーブルが便利です。

日本最長

ケーブルカーについて

石積みのある門前町坂本と、世界文化遺産である比叡山延暦寺の表参道として
1927(昭和2)年に敷設された坂本ケーブル。
パノラマワイドな窓をもつヨーロッパ調の車両「縁号」「福号」が人気を博しています。

ケーブルカーには珍しい途中駅2ヵ所や、橋梁7ヵ所、トンネル2ヵ所と変化に富む車窓からは、
登るにつれて素晴らしい琵琶湖の景観が大きく広がります。

日本最長2,025m

ケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅間、全長2,025m。高低差484m・最急勾配333.3‰・隧道2ヵ所・橋梁7ヵ所。
近代的な技術や重機のない時代での敷設工事は相当な苦難の連続でした。先人の苦労と熱意が溢れる2,025mのみちは、日本最長を誇ります。

坂本ケーブルの
魅力はこちら

ア・ラ・カルト1927年から続く姿

坂本ケーブルは、石積みのある門前町坂本と世界文化遺産である比叡山延暦寺の表参道として敷設され、1927年(昭和2年)3月15日より営業を開始しました。現在に至るまで最新の巻揚げ機の更新や全鋼製車両の導入など施設の近代化を図りました。
中でも「架線レス化」は、坂本ケーブルのケーブルカーを自然環境に配慮したエコな公共交通機関として位置づけました。エネルギーの効率化が求められる現在、ケーブルカーは「省エネ」機関の代表格となっています。

昭和初期から続く
物語はこちら

安全・快適をサポート11.1倍の強度

乗車定員141名の車両2両を結ぶ牽引ロープは直径38mmで、素線24本を6撚りした構成となっており、満員時の車両の重さに対して11.1倍の強度をもっています。ロープの取替は約6年周期で実施しており、交換後の旧ロープは確性試験を行いロープの状態を詳しく検査し、次回の取替時期を適切に判断します。

ケーブルカーの
仕組みはこちら

ブログ

坂本ケーブルは、年中無休で運行いたしております。

  • 至宝展「比叡の秘められし仏像が今、一堂に集結す」 比叡山延暦寺 開催期間:2018.8.1~11.30
  • ご利用ガイド(時刻・運賃)
  • 比叡山回遊ルート ぐるっとマップ
  • びわ湖 Free Wi-Fi ケーブル坂本駅・ケーブル延暦寺駅でご利用できます。
  • こだわり情報を掲載した「坂本ケーブルカード」ご乗車でプレゼント!!
  • 景色も、長さも、日本一「坂本ケーブルの楽しみ方」
  • 山と水と光の廻廊「比叡山・びわ湖」
  • 天台宗総本山 比叡山延暦寺
  • 京阪電車
  • おけいはん.ねっと
  • ガーデンミュージアム比叡
  • 星野リゾート ロテルド比叡
  • 叡山電車
  • 京福電気鉄道株式会社
  • 京阪バス
  • 江若交通
  • 比叡山ドライブウェイ
  • 比叡山坂本サンポ